食べ物からケアする方法

野菜でそばかす対策をするならこれを食べよう

そばかすも、シミと同様に紫外線を浴びることで作り出される活性酸素が原因で増えるということがわかっています。活性酸素は様々な原因で作られてしまうので完全に防ぐことは難しいですが、食べ物を通じて抗酸化作用のある成分を摂取することで内側からケアをしていけば大丈夫です。パプリカのビタミンCの含有量はレモンの約2倍ととても高いので、毎日の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。活性酸素を除去するだけではなく、肌のターンオーバーの周期を整えることもできます。

トマトもリコピンがたくさん含まれているので、そばかすケアにぴったりの野菜です。リコピンはビタミンEの100倍の抗酸化力を持っています。体内への吸収率を上げるために、玉ねぎと一緒に調理しましょう。

ナッツや緑茶などで普段からそばかすケア

おやつ感覚で手軽に食べられるナッツ類も、そばかすケアに役立つ栄養素を持っています。特にアーモンドは美容ビタミンとして知られているビタミンEが豊富です。このビタミンは高い抗酸化力を持っており、ターンオーバーを促進させることも可能です。そばかすが肌に定着する前に排出されれば、これ以上顔にそばかすが増えることも防げるでしょう。そばかすケアの為にはビタミンEの一日の摂取目安量をクリアすることが求められますが、たくさん食べられない場合はアーモンドミルクなどを飲む方法もあります。

日本人にとっては欠かせない飲み物である緑茶も、ビタミンCやポリフェノールの一種であるカテキンを摂取できますし、大豆食品には新陳代謝を活性化させて美白にもいいL-システインが入っているので、豆腐などを食べることで補いましょう。